<   2005年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧
フィレンツェで
これは、確か一昨年僕の大好きなフィレンツェでの最終日
フィルムが余っていたので、何となくパシャ、、、、、、、、
今年は、不幸などがあり行けなかったのだが(こんな時に限り
格安チケットが、何と今年は、いつもの出発の時期で¥56.000-
っという格安価格うーん(**)’
話を元に戻せば、この写真の煙みたいな物は何なんだろう?
勿論、タバコの煙じゃなく、そこら辺でも煙たい物は無かったから
めちゃ変だっ、、、、気がついたのは帰国後、現像プリントに出してからで
あるから、見た瞬間呆然、今までこの手な物は移った例が無い
かなりショック、、、だが何となく自分の気ではないだろうかと?
思ったりした。向うに行くと毎回日本に帰って来るのが
いやになるから、、特にフィレンツェの最終日には涙が出るぐらい
とにかく帰るのがいやになる。この時も明日はミラノへ移動かと
とにかくそう言う気持ちでシャッターをきっていた。最近家で写真取っても
水玉の光が、ぽつぽつ(結構大きい物もある)映り込んだり、因みに
あの座敷童子が出る時のような、水玉が何個も写ったりと、、、、
そう考えれば昨年から出先で、ホテルの天井から水が漏れ天井が抜けたり
丁度その部屋をクレームで変えてもらい、その次の日に僕が出張中に
滅多に電話もしてこない奥さんから、僕の携帯へ国際電話で
世話になっていた知人のお父さんの訃報があったりと、その時も
朝から何か変な感じがしていたし、、この1・2年何かが起こる。
幸い僕の家族や本当に近い人間には何も起きていないのだが、、
明日からは出張だし、気をつけていくようにしたいと思う。
よく余所見をするので!ハイ 

これは何なんでしょう?分かる方書き込みくださーい!
a0025005_1972010.jpg
a0025005_1973940.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-28 19:07 | ITALY
出張!
明日、明後日と東京・大阪で展示会であり
東京は3ヶ所大阪は2ヶ所で明日、東京を済ませ
その足で夜には大阪に入る予定、、、
きっとホテルに入るのは11時をまわると思うし
毎回ながら時間との戦いである。ふっと
こう思う、地方都市は非常に損をしているように思う。
交通費・旅費で¥60、000-は掛かりそうだし
発注できる商品が少なければ少ないほど、
やる気にうせるし、、期待して行くと後でガッカリてな事もある。
自分の描いた商品に、近い物があれば足を運ぶ価値があるのだが
っと言う事で、明日から2日間は出張デース!
[PR]
by britishnouveau | 2005-02-28 14:53 | 仕事
LINEN & WOOL &COTTON JACKET
LINEN & WOOL &COTTON JACKET
一昨年ぐらいから、リネンジャケットは無いですか?
っと、問い合わせが多く、毎年品揃えをする割には、、、、
だが今年は、何となくいけそうだったりもする。
またブレザーも出てきそうだし、、、麻の皺になる処が
魅了であるのだが、、、、、、その他WOOL・COTTONも
とにかくジャケットが再注視され始めた
どうやら今年は久しぶりに、ジャケットが注目されそうである。

a0025005_18571925.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-27 19:00 | 仕事
FRANCO PRINZIVALLI のアトリエ
ITALYはMILANOのサンバヴィラ地区にアトリエを
構えるFRANCO PRINZIVALLI 一昨年
衝動に駆られ、アポ無しでアトリエを訪ねてみた。
あいにくお昼休みで、時間を潰しながらその場で待機
待つ事30分すると、友人らしい人物とあるきながら
帰ってくるFRANCO Pの姿が、、、直ぐに近ずくと
彼は満面の笑みで、僕を迎えてくれた。
取り合えずアトリエに招待して頂け、日本でF/Pの
取扱店だと自己紹介をして、デットストックの生地を
拝見そこにはmade in Englandの生地を初め
勿論made in italyの高級生地がビッシリと
積まれていた。やはり職人らしい生地選びで見る人を
楽しませてくれるし、さすがっ、、、確かな目で選ばれた
物であった。職人から見たもの、市場から見た物のギャップを
感じてしまう。日本ではクラシコイタリーと言えば、生地的に
ロロピアーナやゼニアを指す人が多いが、口にこそ出さないが
僕の眼には、彼自体はmade in Englandの生地が好きそうに
思ったりした。イギリスの生地は質実剛健と言う感じがして
やはり丈夫に思うし、そうかといってitlyの生地は滑らかさや
気品さ軽さにしても、それとは又違う、、、、、、それが国柄の
現れであろうと思う。生地を拝見そして試着をすませ、
そうこうしていると、テーブルで片言で話をさせて頂いた
彼は一時期日本に数年滞在していたようで少々の日本語も
出来るようだったので、、、、数分たちグラッパを勧められ
気の向くままに、グラスにいっぱい注ぎ飲んでみたが、
これが又効く、ラベルには山から火山の爆発をイメージした
物であったが、まさしくそのとおり、そく大酔いで頭がポワーん!
そうしていると、職人が昼食から帰ってきたようで、再びアトリエで
仕事ぶりを拝見させていただき、納得!そんなこんなで、、、
何を最終的にしに行ってきたか?それはというとF/Pのスーツのライセンス
製品とインポートの商品の出来を比べに行ったみたいなもんなんですね!
いままで目が腐るほどの、海外のライセンス商品を見てきたが
ブランド名は借りて、物作りに反映された物が無く(市場に)
いわゆるネームだけ商法、、、まともな企画をせずブランド名だけで
商品化?しかし彼のライセンスのスーツは完璧な物であった。
本人自体も技術監修で日本にきて本当の物作りを伝授していると思う。
本当にまたもや、良い思いでとなったが、帰国後メーカから直接
お叱りが待ち受けている事も知らず、その後大好きなフィレンツェへ、、、、、、

a0025005_13432915.jpg
a0025005_13434198.jpg
a0025005_13435140.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-26 13:44 | ITALY
春一番
先日関東のほうで、春一番が吹いたようである。
そろそろ日中も、少しづつ暖かくなりつつあり
今日は、春らしいカラーのレザーブルゾンを
UPしてみました。めちゃくちゃカッコいいです!
着る人を選びますが、似合えばすこぶる評判に
なりそうなアイテムです。
a0025005_2019310.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-25 20:20 | 仕事
一通のメール
一通のメール、今日仕事場に来て早速メールをチェック、、、
するとそこには、HOME PAGEの方からの観覧者からのメールであった。
その内容とは、ホームページのコラム等を見て頂いての共感や
思いを示すメールであったのですが、非常に嬉しく感じた。
きっと今世の中に対しての、反感やいらだちなど皆が持っているのに
余り声に出さない、あきらめムードの中での思いであったりする。
30歳位の方からのメールであったんですが、非常にしっかりした
意思を持った方からのメールでした。ハッキリ言っていい年とっても
使えない人は使えないし、どっかの業界には未だにそう言うのがはびこっている日本、、、
おかしいですよね!自分たちだけの保身など、
勿論、お年を召されても、バリバリの人もいるわけですが
異常に写っている要です。海外の人から見れば、、、、、、、
ただ最近、変な事件や出来事が非常に多くなってきている事が、昔とは違う方向に
出てきているように思うのですが、昔の学生運動とかではなく、一般人にその被害が
多く出てきている事が非常に痛ましく思ったりするのは僕たちだけでは無いと思うのですが、
これだけお上の人たちが悪い事をしても、うやむやで終わり人に擦り付けて自分は平然を
装い、反感があれば弱い物にそれを向けるような風習が、こんな容で
現われているのではないのだろうか?こんな環境の中で、まともな人間が育つわけが無い!
マスメディアの普及、IT化そして情報の速さなどなど、アナログに戻す事が多くなってきているようにも思いませんか?
[PR]
by britishnouveau | 2005-02-24 14:55 | ETC
新たなる胎動
今年の春夏は、又新たなファっション傾向が生まれつつある。
それはと言うと、内緒である。やはり店頭に来ていただいての
お楽しみにしようと思う。本当は喋りたいのであるがBLOGを
雑誌の延長上にすることは避けたく思うから、、、、、、、、、
それはともかく、ニットの色きれいですょ。そろそろ春の足音が
聞こえてきても良さそうですが、また真冬へと逆戻りです。
でも毎年こんな物なのですが、人間の季節への感覚が
完璧にずれているんです、、流通がおかしくなっている分
季節感に微妙にずれが出てきているようです!
a0025005_17473048.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-22 17:47 | 仕事
フィレンツェ修復工事
フィレンツェ修復工事でタマタマ見かけた、ホテルの修復工事
勿論規模の大きな物には、こういった工夫は施されていないが
小さな規模であればこのとうり、、、赤い線で囲んでいる下側は
その建物の工事中の足場の外側に、架けている絵画風の
幕を貼り中をかくしている所が、芸術の街であると関心してしまった。
パッと見は絵と思えない所が、、、、やはり観光客を
がっかりさせない為の物だろうか?しかし歴史的建造物の修復工事の
ラッシュであるが、その他のものに関してはがっかりしてしまう
後どの位で修復が終わるだろうか?

a0025005_11235890.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-21 11:24 | ITALY
ライブドア & 楽天
ライブドア & 楽天、最近世の中で取り上げられる2社
堀江氏はこの最近の日本放送の株を巡り騒がせているが、
その後、何故か必ずと言ってよいほど楽天が取り立たされる。
両者の違いは、その背景である。三木谷氏は元々金融界で
経済政界に顔が利きブレーンは限りなく大きな力を持っていると思われる。
堀江氏は又違う人脈であるが、IT関連にしてはレベル的には上ではないだろうか?
毛並みの良いサラブレッドと野良犬の対決であるかのようである。
決してライブドア側が悪いようには思えない、金で何でも思いどうりにするのは大きな間違いだ!っと発言が出てくる始末である。資本の自由化、経済のグローバル化と言うものは、
堀江氏の考え方が正しいしと思うし、日本をそう言う風にしてきた人達から
このような発言が出るのはおかしいのではないだろうか?
アメリカ自体に政治姿勢もゆだねられているようだから、自分達のやって来たことを
否定する事になるのではないだろうか?それがUSAの経済のグローバル化であるように思う。。。。最終的には人口の多い低賃金で仕事をこなせる国が、世界の先進国を飲み込んでいく事だろう!時間外取り引きであろうが今は、ネットで
個人が夜でもデイトレーダーとして投資している時代である。結局後手後手で
回るから、国民は信用をしていないのではないだろうか?この件がどうなるか
この何週間はTVが面白くなりそうである。

本日は2日分のブログをしてます。下記ページも見てください。
[PR]
by britishnouveau | 2005-02-20 18:51 | ETC
FIRENZE 靴職人 Mr.Mannina Calogero
FIRENZE 靴職人 Mr.Mannina Calogero
先週のBLOGにも書き込みのある人物
彼は、職人であるが、非常に上品である。
日本で浮かんでくる職人とはイメージが違うのではないかっと
日本では僕たちの仕事での職人などを軽視しすぎているように思う。
とにかく川上ばかりが評価されその間に入る人間などには
扱いが悪すぎる感じすらする。要は互いにフィフティーフィフティーであると思う。
それが解らなければ駄目であると思われる!作り手や卸す側、売る側、買う側が良くなるように
しないと駄目であろう。今からは、そうしないと生き残れないと思う。マスターベーションの
時代はとっくに終わっている。ライブドアの堀江氏ではないが、日本の川上はまだそれが
解っていないように思う。自分達の蒔いた種の間違いに気づきながら誰も自分が責任を
取ろうとしない、それでいて今の若い者はと言う、自分たちが創ってきた社会じゃないか?
若者はそう思っているに違いない、日本に今何を求めるべきなのだろうか?
そう言う連中を無視して、新しい価値観を創っていくカリスマが求められているように思う。
そう言う人物がいて、人間であったり職人を育てていけるのではないだろうか?
a0025005_1151392.jpg

[PR]
by britishnouveau | 2005-02-20 11:50 | シューズ・ケア用品